明日死んでもいい

サブカル女子【成瀬】の気になったことを1人で語ったり比較したりまとめたりしている雑記ブログ。

アニメ『彼方のアストラ』1話を見た感想!原作漫画ファンが語る動くカナタたちの魅力!

 

 

f:id:conbini:20190704061056p:plain


どうもなるせです。
原作が面白すぎて鳥肌モノだった『彼方のアストラ』のアニメ放送が始まった。
アニメ1話を見た感動と感想を書き綴っておく。

 

原作を読んでの感想なので、原作未読の人とは違った目線になるかもしれない。唐突にネタバレするため注意して欲しい。

 

原作漫画のネタバレと感想も書いているのでよかったらあわせて読んでみてね!↓

iroirokansou.net

 

 

アニメ『彼方のアストラ』概要

『スケットダンス』で知られる篠原健太原作の『彼方のアストラ』がアニメ化された。
原作は、集英社のウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』にて、2016年5月9日から2017年12月30日まで連載されていた完結済みの傑作漫画である。
2019年7月3日に放送スタート。AT-Xにて毎週水曜21:00から21:30まで放送される。(TOKYO MX/KBS京都/サンテレビ/BS11/テレビ愛知でも深夜に放送)
また、dアニメストア をはじめとする各動画配信サービスでも毎週配信される。

 

 

アニメ『彼方のアストラ』のスッタフ&声の出演

 

原作 - 篠原健太
監督 - 安藤正臣
助監督 - 柴田裕介
シリーズ構成・脚本 - 海法紀光
キャラクターデザイン・総作画監督 - 黒澤桂子

オープニングテーマ「star*frost」 - nonoc
エンディングテーマ「Glow at the Velocity of Light」 - 安月名莉子

カナタ・ホシジマ - 細谷佳正
アリエス・スプリング - 水瀬いのり
ザック・ウォーカー - 武内駿輔
キトリー・ラファエリ - 黒沢ともよ
フニシア・ラファエリ - 木野日菜
ルカ・エスポジト - 松田利冴
シャルス・ラクロワ - 島﨑信長
ユンファ・ルー - 早見沙織
ウルガー・ツヴァイク - 内山昂輝

 

スッタフとキャストはこんな感じ。

原作のキャラを壊すほどイメージの違ったキャスティングはなかったのでよかった。
とりあえず推しのウルガーの声がピッタリだったので一安心。
内山昂輝は根暗な役が似合うな‥‥(褒めてる)
1つワガママを言えばザックは杉田智和、キトリーは戸松遥がよかったゼ‥‥!

 

 

アニメ『彼方のアストラ』のあらすじ

宇宙旅行が当たり前になった時代。
ケアード高校の生徒アリエス・スプリングは、初めての惑星キャンプに胸をときめかせていた。
同じ班になったのは、宇宙港で顔を合わせたカナタ・ホシジマら計9名。
一行は無事に惑星マクパに辿り着つくが……予期せぬ事態が発生する!

(公式ホームページ引用 http://astra-anime.com/story/

 

ここからネタバレあらすじ

カナタたち計9名は、生徒だけの宇宙旅行に胸をときめかせ、惑星・マクパに到着する。
教師が次に9人を迎えに来るのは5日後。
それまで9人は生徒たちだけで惑星キャンプを行うことになる‥。

 

マクパに着いたばかりの9人は光の球体を発見する。
「惑星と言っても自然公園だから演出に決まってる」と、ルカは余裕な表情で球体に近づくが、球体に飲み込まれたルカは姿を消してしまうーーー。
残った8名はカナタの指示でヘルメットを被り、球体から逃げ回るが、全員球体に飲み込まれてしまう。

 

次の瞬間、9名は宇宙空間にいた。
球体に巻き込まれたことで宇宙空間に投げ出されたようだ。
運よく宇宙船を見つけた一同は、通信機能で連絡を取り合い宇宙船に乗り込む。
宇宙船は無人のようだった。

 

一同は全員無事が確認するが、人数が一人足らない。
足りないのはアリエスだった。
アリエスの通信機は壊れており、アリエスは1人宇宙空間に取り残されていた。

 

絶望の中、カナタはアリエスを助けにいくと名乗り出る。
ワイヤーを命綱にし、カナタはアリエスを救うため再び宇宙空間へと向かう。
だが、アリエスの元まで辿りつく寸前のところで、ワイヤーが足りないという事態が発生する。

 

今度こそ絶望的かと思われたが、カナタは諦めなかった。
カナタは命綱のワイヤーを切り、アリエスの元へと駆けつけた。
あとは宇宙船に戻るのみ!

 

しかしまたもやアクシデントが発生する。
酸素は足りたものの、宇宙空間で目標を定めて移動するのは難しい。
カナタたちの進行角度は深すぎた‥‥このままではすれ違ってしまうーーー。

 

そこでザックにアイデアが浮かぶ。
残りの7名は宇宙船から手を繋いでカナタとアリエスのもとまで行き、2人を宇宙船へと引き上げた。
こうして9名は全員の力で絶体絶命のピンチを乗り切った。

 

 

ーーー宇宙船に帰った9名はザックから衝撃的な事実を聞かされた。
なんと9名は飛ばされた宇宙空間は、マクパの上空ではなく、5千12光年離れた先だったのだ。

 

幸いザックは宇宙船の操縦免許を持っていて帰れる希望が見つかったと思われた。
しかし、宇宙船の中にある水と食料はとても9名が生き残れるほどの量ではなかった。
再び窮地に立たされた9名は険悪な雰囲気に陥る。
そんな一同に、カナタは中学時代に生徒5人だけで山へ遭難した経験を話す。
同行していた教師は生徒をかばって命は落とし、残された生徒5人は子どもだけで救助が来るまでの7日間を生き延びたらしい。
そんな過去の経験からカナタは「何度もダメだと思ったけど全員で励ましあったんだ。1人だったら多分死んでた。バラバラになっちゃ絶対にダメだ。暗闇なら手を繋ぐしかねえ」と話す。

 

カナタの言葉を聞いた一同は、協力し合うことを決め、手を取り合う。
そして9名は、惑星を渡り繋いで食料を貯蓄しながら帰る方法を思いつく。
ザックは5つの惑星を経由し、帰りつくルートを発見した。
うまくいくかは五分五分だが進まないと死ぬだけだ。
こうして9名の5千12光年の宇宙の旅が始まったーーー。

大雑把なあらすじはこんな感じだった。

 

原作との相違点

 

原作漫画との相違点も紹介しておく。


まずは、カナタが宇宙空間に取り残されたアリエスを救いにいくシーン。
原作だとワイヤーを外したカナタはアリエスまでたどり着き、その後、自力でワイヤーを掴んで宇宙船まで戻る。

残りの7人が手を繋いて2人を助けるなんて1話からこんなに一丸となることはなかったのだが、普通に考えて宇宙空間でワイヤーを掴むのは難しいし、アニメでのアレンジの方がしっくりくる展開であった。

ウルガーが協力的だったのには驚いたが、荷物を拾ってくれた借りを返すためという理由には納得だった。

ちなみに、カナタの過去話を聞いた後に手を取り合って自己紹介するなんてことのも原作ではなかった。
いきなりの一体感で戸惑ったが、まあこれはこれでいいと思う。

 

アニメ『彼方のアストラ』感想・レビュー

 

やたら長いと思ったら初回は1時間スペシャルだった模様。知らずに見てたからビックリした。

 

まず、見終えて第一の感想は、動くカタナ達を見れて感動した。
推しのウルガーもめちゃくちゃかっこよく、そして感じが悪かった(^ω^)

わたしが女キャラで1番可愛いと思っているキトリーの感じの悪さも異常だった。
でもみなさん!カナタとアリエスが危ないシーンで涙目になっているキトリーに注目してね!あんなに感じが悪かったのにかわいいでしょ( ´ ▽ ` )
第一印象は感じの悪いギャルだけども、素直になれないだけで可愛い子なんです。

 

1話から笑えない寒いギャグだった

冒頭の引ったくりを「知ったかぶり」と叫ぶアリエスを見て、寒いギャグアニメと間違えた人も多いのではないだろうか。

原作を読んだ時も感じていたが、SF・ミステリーの部分は秀悦しているのに、ギャグのノリはスケットダンス。
正直、藤原先生のギャグセンスはそこまで響かない。スケダンでも神回と笑えない回のアタリハズレが大きかった。

ギャグセンスが皆無なのはしんどいが、1話を見る限り作画は綺麗なのでキトリーとフニの可愛さでカバーしてほしい。

 

原作漫画既読の立場からの第1話感想

原作に忠実で、クオリティーの高い映像と作画。
声のイメージもNGレベルに合わないキャストもいないし、これはフツーに継続するしかない。

 

宇宙空間や宇宙船のクオリティーも高かった。
1話だから完成度が高かったこともあるだろうが、この出来を見れば、これから先に旅をする惑星の映像にも期待ができる。

 

偉そうに書きつづってみたが、めちゃくちゃ面白かった!!!
大満足!!!!2話も楽しみ!アニメスッタフの皆さん、キャストの皆さん応援してます!頑張ってください!

 

 

f:id:conbini:20181228013759j:plain

最後にどうしても言いたい。
ユンファのおっぱいのクオリティーもやばかった。