明日死んでもいい

サブカル女子【成瀬】の気になったことを1人で語ったり比較したりまとめたりしている雑記ブログ。

アニメ『彼方のアストラ』4話ネタバレと感想!ユンファとかいう超ハイスペック美少女がいきなり歌い出す!

f:id:conbini:20190704061056p:plain

 

 

 

『彼方のアストラ』4話を見たので感想を書く。

 

冒頭から、おザックさんがラッキースケベをスルーするという大事件が起こった4話。
キトリーのバスタオル姿を見て顔色ひとつ変えないなんて、おザックさんは本当に男なのか。
とりあえず、内心焦って葛藤していることを想像しておく。

 

 

 

 

原作のネタバレが読みたい人はこちらをどうぞ↓

iroirokansou.net

 

 

 

アニメ『彼方のアストラ』概要

『スケットダンス』で知られる篠原健太原作の『彼方のアストラ』がアニメ化された。
原作は、集英社のウェブコミック配信サイト『少年ジャンプ+』にて、2016年5月9日から2017年12月30日まで連載されていた完結済みの傑作漫画である。
2019年7月3日に放送スタート。AT-Xにて毎週水曜21:00から21:30まで放送される。(TOKYO MX/KBS京都/サンテレビ/BS11/テレビ愛知でも深夜に放送)
また、dアニメストア Amazonプライム・ビデオをはじめとする各動画配信サービスでも毎週配信される。

 

 

アニメ『彼方のアストラ』のスッタフ&声の出演

原作 - 篠原健太
監督 - 安藤正臣
助監督 - 柴田裕介
シリーズ構成・脚本 - 海法紀光
キャラクターデザイン・総作画監督 - 黒澤桂子

オープニングテーマ「star*frost」 - nonoc
エンディングテーマ「Glow at the Velocity of Light」 - 安月名莉子

カナタ・ホシジマ - 細谷佳正
アリエス・スプリング - 水瀬いのり
ザック・ウォーカー - 武内駿輔
キトリー・ラファエリ - 黒沢ともよ
フニシア・ラファエリ - 木野日菜
ルカ・エスポジト - 松田利冴
シャルス・ラクロワ - 島﨑信長
ユンファ・ルー - 早見沙織
ウルガー・ツヴァイク - 内山昂輝

 

アニメ『彼方のアストラ』4話あらすじ

墜落の危機を乗り越え、アストラ号は第2の惑星シャムーアに到着する。犯人を探すことをやめ、全員で生き抜くことを優先するカナタ。惑星探査は順調に進み、食料と水の見通しも立った。色めき立つカナタたちだが、ユンファだけはどこか表情が曇っていて……。
(公式ホームページ引用 http://astra-anime.com/story/

ここからネタバレありあらすじ

第2の惑星シャムーアに到着したB5班一同。

それぞれグループに別れて、食料と水分を散策する。

 

水を溜め込んでいる植物を発見し、水は確保できた。
グルッピーという心優しい現地の動物にも出会った。

 

食料は、食べると美味しんぼ風になるほど美味しい『キャンディ・プラント』を採取した。
しかしキャンディ・プラントが美味しく食べられるのは摘んですぐの新鮮な状態のみで、鮮度が落ちると毒化する。ちなみに鮮度が落ちるのは異常に早い。
他に、保存が向く毒のない食料はほんのわずか。
新たな食料を探すしか方法はない・・・。

 

キトリーは「最低限の食料が溜まったら次の惑星に行った方が早くない?」と提案するが、「今だって最低限の食料ですよ。これ以上節約するのはキツイっすよ」と却下されてしまう。
カナタは「目標の量に達するまで出発はしねえ。食事の量を30%カット。風呂と洗濯は当分我慢だ」とその場を抑える。

 

カナタの提案に一同は納得しつつも、軽口を叩くメンバーも。
キトリー「やっぱりハードな旅になるのね」
ルカ「節約だけで乗り切れるんですかね。ユンファさんとかすごい食べそうだし」

 

このルカの軽い一言で、ショックを受けたユンファは、次の日、姿をくらませてしまう。

 

「わたしはこの惑星に残ります 置いてってください」
と書置きを残して消えたユンファ。
カナタたちはユンファを探しに捜索に出かける。(キトリーは留守番)

 

ルカは自分が言った言葉がショックで、ユンファが消えたのではないかと反省していた。
しかし、ウルガーもユンファに「デカ女」と言っていたようで、ユンファの心は限界だったようだ・・・。

 

カナタは得意の走りで、ユンファを発見し、捕獲。

 

カナタはユンファを気遣ってヘルメット通信で話しをすることに。
ユンファは「なるべく自分を出したくない」「みんなの役に立てない」「みんな自分の得意なものがあるのに何もできないのが辛い」と自分の思いを吐露する。

「特技で役立つ必要はねえ。その分、みんなを手伝えばいいんだ」とカナタはユンファを元気つけるが、ユンファは「失敗して目立つのも嫌だし活躍して目立つのも苦手。わたしは透明になりたいの」だと。

どうやらユンファは【自己表現をするのは恥ずかしいこと】だと育てられたらしい。

 

一方、をユンファを探していたシャルス、アリエス、ザック、フニシア、ルカ、ウルガーはポールツリーの有毒胞子を吸って瀕死の状態に陥っていた。

 

その頃、カナタとユンファの前に現れたグルッピーが倒れた。
お腹をすかせて倒れたのだと思ったカナタとユンファは、グルッピーにキノコを与える。
ユンファが採取した木の根元に生えていたキノコだ。
そんな2人の元に、瀕死の状態のシャルスから連絡が入る。

 

カナタとユンファはヘルメットをしていたので助かったが、外に出ていた6人には発熱、咳、筋肉痛の症状が見られた。
留守番をしていたキトリーは、自分が持っている医療知識の範囲で6人の治療を行う。

 

シャルスの仮説によれば、この惑星の主は毒キノコ。
キノコと植物との共生関係が強いのだとしたら、動物を積極的に殺すキノコが存在していてもおかしくない。毒で殺された動物の死骸にコケが生え、それが光合成した養分でキノコが育つ。
ポール状の大きな木の正体は巨大キノコだった。
対処法は解毒剤を探すのみ。薬になるキノコがあってもおかしくない。

 

そこでユンファは、先ほどグルッピーにあげたキノコが薬キノコである可能性を思いつく。
カナタは薬キノコを探しに行く。

 

ユンファが言うには、薬キノコはその場所には1つしかなかったと言う・・・だが、ザックは薬キノコはポールツリーの根元にあると推理。
動物の死骸が、ポールツリーの根元に集まっていた。
薬で動物たちをおびき寄せていたのではないかと考えられる。

 

ポールツリーの根元まで薬キノコを探しに行ったカナタは、なかなか薬キノコを見つけられずにいた。
それは自分が発症をしていないからだと考え、カナタはヘルメットを外す・・・!!!!

 

一方、アストラ号では、ユンファは歌をうたっていた。
実は、ユンファの夢は歌手だった。
ユンファの母親は歌手で、ユンファは歌っている母親が好きだった。
そして今、アストラ号のみんなに歌を聞かせている。
瀕死の状態の中、ユンファの歌に癒され、涙を流す者までいた。

 

そしてカナタは発症している状態で、ポールツリーの根元のキノコを食べまくり薬キノコを発見した!

f:id:conbini:20190716045820j:plain

アリエスのモノローグ「なんだかんだあって、カナタさんのとってきた薬キノコのおかげでみんな無事、助かりました。」で4話は締めくくられる。

はしょりすぎてワロタwww

 

アニメ『彼方のアストラ』4話 感想・レビュー

4話は、ユンファ回。

 

ウルガーとルカの心ない言葉に傷ついたユンファは、3話の出来事もあり、我慢の限界を迎える。
惑星シャムーアに残ることを決意し姿を眩ませるが、キャプテン・カナタと話し合い元気つけられ、弱った仲間たちのために得意の歌を披露して、自分の存在意義を見つけた。そんな話だった。

 

「特技で役立つ必要はねえ。その分、みんなを手伝えばいいんだ」
というカナタの言葉は素敵すぎて心に響いたけど、ユンファ・・・ものすごい特技持ってたやん。

 

毒親の教育のせいでオドオドしてただけで、ものすごいハイスペック。
メガネ取って前髪切ったら顔も可愛いし、歌もうまいし、おっぱいデカいし、乳でかいし、おっぱいデカいしハイスペックすぎない!?!?!?

若干感情移入しかけたが、ユンファたんはホンモノのなんの取り柄もないブスではなく、超ハイスペック美少女だった。
裏切られた気分だ。
これ、冴えないフツーの女役を橋本環奈が演じているのと同じ感覚な。

はしょりすぎてダイジェスト見てる気分

原作既読者としては「よくこの短い間にまとめられたね!」とは思えない内容だった。

 

特に最後に「なんだかんだあって、カナタさんのとってきた薬キノコのおかげでみんな無事、助かりました。」で片付けられたのにはびっくり通り越してワロタ。

 

ラストだけではなく、はしょって欲しくないシーンやセリフも切られていたのでがっかりしている。
カナタとユンファの会話もそうだし、シャルスとアリエスの会話も割と重要だった気がするが。


だが、まあ短い時間で簡潔にまとめてあるのは確かだし、作画は相変わらず綺麗で満足はしている。

アニメ制作の大変さを知らない視聴者が何言ってんだか、と感じた人もいるだろう。
全くその通りである。イチ視聴者のしょうもない意見なので気にしないでほしい。ブルーレイは買うんで多少の意見は許して\(^o^)/

f:id:conbini:20190716045820j:plain

ところで、早見沙織ってあんな歌うまかったんだなあ〜

 

なんだかんだツッコミどころ満載

伏線回収や巧妙なストーリーが話題な『彼方のアストラ』ですが、なんだかんだツッコミどころもある。

  • おザックさん、キトリーの裸をスルー。→(超絶美少女で私の推しであるキトリーちゃんの裸を目撃してスルーするなんて理解できない。おザックさんムッツリ説が浮上した。ラッキースケベをスルーする少年漫画登場人物がかつていただろうか?)
  • ヘルメットを被らず毒を吸い続けるシャルスたち。→(ヘルメットはスイッチを押せばすぐに出てくるもののように見えた。すぐに出せるものではない場合、また光の球体が現れたときはどうするべきだったのだろうか)
  • 薬キノコを探すために自ら毒に感染するカナタ。→(カナタの無茶は毎度のことなので今更だが。ザ・少年ジャンプって感じですね。薬キノコ探すために毒に感染するってまじでパネエ。4話も一歩間違えれば全滅でした\(^o^)/)

 

ヘルメットの部分はまじで意味わかんねえ。

カナタに通信機で知らせる前に全員ヘルメット被ってこれ以上毒吸うなよ。

 

f:id:conbini:20190716045820j:plain

まあ細かいことは気にしないようにしよう。

5話も楽しみにしている。